小さな路地庭に季節の花を♪ ( 鉢物がほとんどです )
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋月 黒門 垂裕神社 古心寺(黒田家墓所) 鳴渡観音
2008年01月22日 (火) | 編集 |
垂裕神社 と 黒門

垂裕(すいよう)神社の参道に建っている黒門です。
この黒門は鎌倉時代に古処山城の城門として造られましたが
江戸時代初めに秋月城の大手門として移されました。
そして明治時代からはお宮の神門に使われるなど
700年の歴史をもつ古い御門で、
福岡県の文化財に指定されています。
15黒門7
15垂裕社
15黒門3
15黒門
秋は参道両側のモミジが赤く染まって
黒門から見ると絶景のようです。

古心寺
黒田家墓所へ
15日古心寺門
15日古心寺黒田家墓
15日古心寺黒田家墓2
15日古心寺本堂



腹切り岩
豊臣秀吉の九州出兵に際して
秋月氏の家臣 恵利暢尭(えり のぶたか)は
秀吉に味方することを主張しました・・・が
主君や重臣に聞き入れてもらえませんでした。
この岩の上で、妻と二人の娘を殺し
自分も切腹して秀吉と戦うことの無謀さを訴えました。
腹切り岩

家族4人を弔う碑のようでした。
腹切り岩碑


鳴渡観音
観音堂は腹切り岩から見えています。
↓この碑文によると
腹切り岩で恵利内蔵助暢尭(えりくらのすけのぶたか)が切腹したので
2尺ほどの石を本尊としてお堂の中に祭られ観音堂と呼ばれてるようです。
又今は鳴渡と書いてますが・・・・ 
観音堂の前に小川の流れがあって
常に水の鳴る音があるので「鳴音(なると)」と
名づけたとあります。
観音堂碑文

観音堂

子供の頃はよく見ていた山から流れ出る田んぼの脇の小川
小さな苔むした石橋が架かっていた。
15日鳴渡観音堂脇小川



現在の秋月ではどこへ行っても案内は陶板に書かれていました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。