小さな路地庭に季節の花を♪ ( 鉢物がほとんどです )
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪景色 と スイーツ と
2009年01月21日 (水) | 編集 |
帰省中に佐賀は毎日雪が舞っていたのです。
流石に佐賀平野は積もることはなかったけど
お寺さんに行ったりシニア夫婦6人で泊まった民宿の朝は
すばらしい雪景色が見られていっぱい写真撮りました。

民宿池川の雪
奥さんと義姉はお友達で~しゃきしゃきと話される気さくな方で
夕食も朝食もすべて奥さんの手作りです。
嘉瀬ダムが満水になったら又行こうと話しています。
夏は夜涼しくてきっと避暑地の雰囲気が味わえると思います。
0113yuki.jpg 0113yuki2.jpg


塩キャラメルのフルーツホンデュ(6人で)   梅ゲ枝餅(帰りの福岡空港で買った大宰府名物)
0113fondhu.jpg 0114umegaemoti.jpg
スポンサーサイト
つみくさ料理 菖蒲ご膳
2009年01月21日 (水) | 編集 |
つみくさ料理 菖蒲ご膳を♪ 
帰省中に義姉の案内で雪の降る中を車で走りました。
事前に予約を入れてもらっていました。
会場には20人ほどのお客様が見えていて外は雪景色だけど
お部屋は暖房がきいていてほかほかでした。
 
 0111syoubugozen0.jpg

天麩羅には  花がありました。
 やぶ椿の花 菜の花  ふきのとう ハコベ あざみの葉 菊芋  
 新春らしい材料でした。
0111syoubugozen1aa.jpg
椿の花やハコベやアザミの葉は天麩羅に出来るんですね。
初めて食べました。

0111syoubugozen0a.jpg

0111syoubugozen1.jpg
NHKで一昨年の秋に全国放映されたのを見ていたのです。
菖蒲地区の婦人会の皆さんの手作りご膳です。

植物学者の先生のお話を聞いてます。(お名前を忘れました)
 摘み草には毒性を持ってるのもあり危険なので
 地区の方達も先生に教えてもらって覚えたそうです。
0111syoubugozen2.jpg
今のところは月1回第2土曜日だけなので予約制だそうです。
ちょうど滞在中だったのでラッキーでした♪

この日は西日本新聞の記者さんも見えて写真を撮ったり
トップの西さんに話しを聞いておられました。

今年のお正月の菖蒲ご膳は

食前酒  金柑酒
吸い物  やきもち ギンナン 焼きしいたけ かつを菜
酢の物  菊花カブ 

和えもの  春の七草の白和え
煮もの   たけのこ 昆布巻き こんにゃく 人参 里芋 大根 菜の花
小鉢    つんきーこんにゃく
       つんきー とは 千切ることです 懐かしい言葉を聞きました。

椀     10割蕎麦  きんぴら(ごぼう)
季のもの 金柑の甘煮 黒豆 巻柿(干し柿で)

てんぷら  やぶ椿 あざみの葉 はこべのかき揚げ ふきのとう  
       よもぎ  菜の花  菊芋 

めし     春の七草ご飯
デザート   菖蒲まんじゅう
香のもの  白菜 青菜 菊芋

体に良い物ばかり。 少しづつなのにしっかりお腹にたまりました。

出された箸も昔ながらの栗の箸でした。
(小さい頃お正月前に家でも手作りしていたのを思い出しました)

お箸の袋には
ささ栗の小枝で作った正月用の箸です。
栗剥ぎ箸「くいひゃあばし」と呼んで、この箸を使うと
新しい年の繰りあい(日常生活の流れ、また経済性)がよくなる事を
期待したと言われています。  と書かれています。

雪景色
0110yuki2_b.jpg 0110yuki2_aa.jpg
0110yuki1.jpg 0110yuki2_a.jpg
長くなりました。 最後まで見てくださってありがとうございます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。